裏銀座でジビエを * MARCASSIN(東銀座)

ちょっと前に伺った、ワタシの一番お気に入りのビストロ、MARCASSINをご紹介します。名前は「こどもイノシシ(ウリ坊)」の意味。亥年生まれのオーナーにちなんだお名前だそう。

100225-1

昭和通りを渡った裏銀座にひっそりと佇む、可愛らしいカフェのような外観。
が、しかーし!
うなぎの寝床の如き細長い店内で供されるお料理は…繊細、かつ骨太なジビエの数々なのです!
最近のワタクシ、寄る年波か肉料理を食べるのがちょっとツラかったりしてます。
食べた後、脂に負けて気持ち悪くなってしまったり…(--;)
でも、こちらのお店だと、いつでもするっとお肉を食べられるのですよ♪

ジビエシーズン真っ只中に引越ししてたので、今年はあまりジビエを食べられなかったな~と思いつつ、オーナーのブログに出てくる美味しそうな国産ジビエを指をくわえて見ていたのですが(^^ゞ急遽会食の予定が入り、こちらをリクエスト!
2月15日で狩猟シーズンも終了したところ、滑り込みセーフで名残の国産ジビエを堪能しました♪

100225-2

アミューズは、琉球猪のブーダンノワール(血のソーセージ)
血のソーセージって聞くと何だかコワイようですが、りんごのペーストが添えられているので、するりといただけます。

100225-3

オードブルは、ホタテのサラダ仕立て。
つい肉料理ばかり頼んでしまいますが、こちらはお魚も美味しいんですよ。
築地が近いですからねー。

100225-4

もう1品前菜。琉球猪のレバーのソテー、マッシュポテト添え。
もっと臭みがあるのかな?と思いきや、意外とすんなり食べられました♪

100225-6

国産ジビエをもう一品。田シギのロティ 二種類のニンジン添え。
この田シギという鳥、鴫の仲間で、垂直に飛び上がるので仕留めるのが難しいのだそう。「地元の人は骨付きのままがぶっといきますよ~」と言われたので、骨ごとバリバリっと(笑)
すっごい筋肉質!脳味噌もたっぷり詰まっていて美味しいこと美味しいこと♪
シーズン最後にこんな美味しい国産ジビエをいただけて幸せだー。

100225-7

メインディッシュには鹿を。
すね肉の煮込みはとろっとろコラーゲン~♪
カシギとは全く違った味で、いいチョイスだったわん。

こちらのお店は、肉料理と並んでワインの品揃えも名物。
リストにはビオワインがずらり!なのですが、珍しい国産ワインもラインナップ。
今日は、こんなんでました ↓

100225-5

なんと、大阪産のワインです!しかも、自家農園産ブドウ100%(゜o゜)
しかも、夜は酒屋さんをしながら(こっちが本業らしい)たったお一人で作っているそうな…。うーん、国産ワインも最近ホントに面白いですよね!
オーナー、こういうレアなワインはどこで見つけてくるのん?と伺ったところ…
「マニアですから」と、にやり。
ワインマニアなオーナーが発掘されたがんこおやじのワインは、最初渋みが強いかな?と思いきや、どんどん味が変わって、広がりが楽しめる素敵なワインでした♪

100225-8

デザートはプリンと山形産ブランデー(おお、ここでも国産)のアイスクリーム。
プリンは大盛りにしていただいちゃいました(^^ゞ

今日もお肉ばっかりこんなにいただいてしまった。
普段だったら考えられないことですー。
残念ながら国産ジビエシーズンは終了ですが、こちらのお店では通年いただけるユックのエゾ鹿を始め、羊・豚・鴨etc…こだわりの国産食材の数々がいただけます。ランチも充実していてオススメです。
あ~、また食べたくなってきちゃった…。


**************

MARCASSIN

東京都中央区銀座1-22-11 銀座大竹ビル1F
Tel: 03-3564-0335

Open: 11:30~13:30(LO)*ランチは月~金のみ
    18:00~21:30(LO)

Close: 日曜日、月1回月曜日

*ちっちゃなビストロですので、予約必須です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。