湯河原・真鶴 de クリスマス気分♪

世間さまはすっかりクリスマスモードですねー。
くまひろも、我が地元真鶴・湯河原で、クリスマスムードを味わっております♪

101218-1

こちらは湯河原のBritish Cake Houseさん。
本格的なツリー&暖炉が素敵♪

101218-2

テーブルの上もクリスマスムード。
この日いただいたスイスロール、チーズにお酒が入ったオトナ味でとっても美味!

101218-3

我が家のクリスマスケーキはシュトーレン♪
ちょっとづつ、長い期間食べられるのが嬉しいんです。
湯河原のari-deliさんのシュトーレンは、去年食べて惚れました!で、今年も予約。
これからしばらく楽しませていただきまーす。

101218-4

101218-5

界隈でも、ところどころでライトアップが見られるんですよー。
真鶴駅前では、魚が跳ね、鶴が舞い…ほのぼの、アットホームな雰囲気。

101218-6

こちらは、湯河原は万葉公園の「冬ほたる」。
渓流沿いに蛍っぽくライトアップされてます。

101218-7

足湯ゾーン独歩の湯のライトアップはなかなかゴージャスでびっくり!

そしてそして。
毎度お世話になってます大観荘さんでの「キャンドルナイト」♪
「電気を消して、スローな夜を…」ということで、ロビーがたくさんのキャンドルで彩られました。

101220-8

幻想的な空間でいただいたコーヒー&ホットワインは大層美味しゅうございました♪

101220-9

サンタさんも登場!
大人になるとなかなか会える機会も無いので(笑)嬉しいですねー。


今年はお出かけしていたのでイブは静岡のオーベルジュにて迎えました。
その辺りは別記事をご覧下さい m(__)m

スポンサーサイト

紅葉の錦 in 湯河原

101128-1

11月末が湯河原の紅葉の見頃でした。
こちらは温泉場中央、藤木橋のバス停そば。

101128-5

こちらは奥湯河原、湯河原パークウェイ入り口手前。
右手にキュートなお尻を見せているのは相棒のミラココア号。

101128-4

振り返ると、坂道沿いに綺麗な紅葉が。
家から車で30分ほど走っただけで、このような景色が堪能できるとは…うーん、眼福!
何だか空気も、我が家の近辺より更に一段と澄んでいる感じがします。

101128-3

奥湯河原のバス停から、結構キツイ登り坂ですが…^^;
この坂の上の旅館に泊まりに来て、初めて登った時はヘバりました。
ゆえ、今回は車でラクしました。
観光朝市の帰りの早朝だったから大丈夫でしたが、日中だと車を停めるのも難儀かも?

日中はお茶席なぞも催されていたそうで、来年は是非体験してみたいものです。




夏祭り * 湯河原

8月2日3日と、お隣湯河原町ではやっさ祭りが開催されました。

2日はちょうど温泉街に行く用事があったので、パレードを見ようと五所神社前でスタンバイ。

100802-1

提灯が飾られて、雰囲気満点。
6時スタートだというので、スタート地点近くにいれば、それほど時間かからずに
見られるかな???などと思っていたら…
ワタクシが甘うございました。待てど暮らせど、一向に山車の姿は見えず。
ガールスカウトのお嬢様方の演奏だけ聞いて、時間切れに…
肝心のやっさ音頭(?)は聞けず仕舞い。

…来年は、もっと余裕をもって見物したいと思いますデス、はい。

翌3日は、吉浜海岸で花火大会。
西湘まるごと研究会でご一緒させていただいているMさまがお誘い下さり、
尾立邸にて見物させていただけることに♪

花火が上がるまでは、美味しいお弁当で腹ごしらえ&美しいフルートの音色で
花火の音に備えて耳もウォーミングアップ(?)
あーんど、叙情歌を熱唱して腹ごなし…と、お楽しみも盛りだくさん。

夜8時をまわって、さあ、いよいよ打ち上げ開始です!

100802-2

うわーうわー、ホントに「目の前」ですよー。

海上での花火大会は初めて見ました。
水面に広がるような形の花火もあって、こういうのも素敵!
かなり大きな尺玉も上がり、なかなか見ごたえのある内容でした!

実は前に住んでいたマンションからは花火がよーく見えたんですよ。
引越ししちゃったら、花火も見られなくなるな~と寂しかったので、
こちらで見せていただけてうれしゅうございました。
Mさま、ありがとうございました m(__)m

こちらの尾立邸では、さまざまなチャリティーの催しが行われています。
近い日にちでは、8月19日(木)午後14時~ 『叙情歌を歌う集い』が開催の予定。
秋にはフルートコンサートも企画されているそうです。

ご興味のある方は、下記までお問い合わせ下さいませ m(__)m

 チャリティーホームコンサート事務局 溝口和美さま
 ℡:0465-63-5007

源泉ワンダーランド * 神谷温泉源泉(湯河原)

味楽庵さんでお茶とおまんじゅうをご馳走になった後、
西湘まるごと研究会のメンバーである神谷温泉の社長さまにお誘いいただき、
「一番噴出量が多い」源泉を見せていただくことになりました!

100419-4

先導の社長のお車は、奥湯河原方面へひたすら登り…
山の中の奥深くに、源泉のやぐらがありました。

100419-5

こちらの機械で温泉をくみ上げます。
管を通じて地中深くに高圧の空気を送り込んで温泉を噴出させるわけです。

100419-6

噴出してきた温泉の貯湯溝。
源泉の温度は68度くらいだそう。
ふたを開けると…うわっ、あつ、熱いっ。
なんと毎分133.8ℓもの温泉が湧き出ているそうです。
1時間に8028ℓ=約8トン。
ということは、一日に192トン。1ヶ月約6000トン近くも!?
この豊富な温泉は、湯河原町や法人、個人のお客様に販売されています。
(源泉やぐらを持っていない旅館は町から温泉を買うシステム)
いわば、神谷温泉さんは温泉の大問屋さんというわけですねー。
ああ、ウチがマンションでなければ(そして追い炊きできれば)買いたい>温泉(涙)

100419-7

側には温泉をくみ上げる管が積まれていました。
真ん中の白くなっている管、これ、温泉成分がくっついてしまっているのです。
いわば、温泉管の動脈硬化?
定期的なメンテナンスは必須で、ご苦労が偲ばれます ^^;

100419-12

こちらは少し離れたところにある、コンプレッサー小屋。

100419-13

これでシュッシュッと圧を送って温泉をくみ上げるわけですね!
温泉の仕組み、勉強になりました。

100419-8

それにしても、こちらの源泉がある山の中の、なんと美しいことか。
源泉天国です。
こんな美しい風景の中で育まれた温泉ですから、エネルギー満タンですね!
みんなで「このやぐらの前に露天風呂作って入りたい~!」の合唱(苦笑)

100419-9

プチ不動の滝(湯河原の有名な滝)もありました。
上のほうに見えているのは緑泥石という石。
この石は水を通さないので温泉を止めているのだそうです。

この後「歩いて20分くらい」という社長さまのお宅訪問に。
そこには思いもかけないアドベンチャーが待っていたのでした(笑)


Read more...

桜並木をそぞろ歩き * 千歳川沿い桜並木(湯河原) 

何しろお引越ししたばかりですので。
「とにかく、地元を探検!」が今の我が家のテーマ。
というわけで、先週末はお隣湯河原町の桜も見物に行って参りました♪

100403-1

湯河原駅では、ホームの桜が満開!
駅に着いたところから、早くもお花見気分です。

駅からの道をまっすぐ下って、バスが右に曲がるのを横目に、ひたすらまっすぐ。
やってきたのは静岡県との県境を流れる千歳川。
川沿いに桜並木が愉しめる、とありましたので。

100403-4

「おいでませ、湯河原温泉~」って感じですね(苦笑)

100403-2

のどかな春の風景。
桜の足元には菜の花などが植えられています。
こちらのブログで知ったのですが、地元の有志の方々が月に一度お掃除して下さっているそう。
ゴミなんかもあまり落ちていなくて、きれいです。
ありがたいことです。

100403-3

背景の山桜と染井吉野、どちらも麗しい…。

前回UPした真鶴の公園もそうですが…どこでも人が少なくて、のんびりと見ていられるのがよいですねぇ。
そりゃ東京の桜の名所は確かに素晴らしいのですけれど。
どこも人出がすごくて、ゆっくりした心持ちでは見ていられないので^^;

湯河原温泉観光協会がライトアップもしているようですね。
ゆっくり温泉に浸かって、のほほんとお花見なんていいですね~。
まだやっている?のかな?

 千歳川沿いの桜並木 開花&ライトアップ情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。