柚子香る冬のお夕食 * 谷川の湯あせび野(湯ヶ島温泉)

谷川の湯あせび野 宿泊感想の第3回目、お夕食編です☆

お風呂に入り倒して程よくお腹が空いてきたころ、お夕食です。
お食事は食事処にていただきます。

091229-1
こんな感じで、個室になっているので、ゆっくりいただけます。
(注:写真は朝食時に撮影(^^ゞ)
迎えて下さる仲居さん方はぱりっとお着物!
最近の宿はスタッフは作務衣の所も多いですが、何となく「旅館でもてなされている気分」が高まって、嬉しい。

今回は引越し祝いということで記念日プランでの宿泊でしたので、プラン特典の生ビールで乾杯♪
お料理は懐石スタイルで、一品ずつ運ばれます。

091229-2
先附 小鯛 蕪 真砂子梅和合
    うどナントカ(すみません達筆すぎて所々判読不能^^;)軸人参 雪花 柚子

091229-3
前菜 黒大豆豆腐 銀あん タピオカ
    車蝦磯香焼 白滝牛肉巻 鹿の子杏子
     鰻 軽羹 蓮根サーモン菊 富貴のとう

この、如何にも「酒の肴」な顔ぶれの前菜を見た途端、日本酒に移行(^^ゞ

091229-6
こんな感じで氷に盛られてサーヴされます♪

御椀盛 雲丹あさり真薯
     寒若布 海老芋いちょう 大根 人参 菜花 柚子
(写真撮り忘れました…(ーー;)

091229-4
御造り 伊豆の地魚 本日の朝捕魚
     四季の彩り氷盛り 白秋 葉付天城わさび

記念日プランもうひとつの特典はこの伊勢海老♪
クリスマスっぽい素敵な盛り付けで登場。
やはり捕れ捕れの伊勢海老はぷりっぷりでウマイっ。
地元特産の山葵が1本ついてきて、自分で擂りおろしながらいただくのですが…
ひょえー、山葵って、こんなに美味しいものだったかしら???
実は普段あまり得意じゃないんですけど…山葵^^;
これも生鮮食品だから、取れたてならではの味、ということなのでしょうね。

091229-5
そして、お宿からお祝いのサプライズでお赤飯のプレゼントも♪

お刺身を食べ終わった後、伊勢海老の頭を翌朝お味噌汁にしてもらえるのか?質問。
(よくこういうサービスがあるので)
プラス500円で対応してくれるとのお返事だったので、お願いしました。
プランの中に、希望があればお味噌汁にします、って組み入れてあればいいのになー。
(わざわざ訊ねるのは、ワタシタチみたいに食い意地の張っているヒトだけだと思うので(^^ゞ)

091229-7
焼物 塩床 炭火 菜源堀
     柚子釜 蟹あん焼 白ぐち 毛蟹 山東白菜 三つ葉

今回の献立には、全体に柚子が色々と形を変えて多用されていました。
冬至が近いですからね。柚子ダイスキなので嬉しいー。
中でも、この柚子釜がトドメ。運ばれてきた瞬間からい~い香りでシアワセ。
白アマダイやら白菜やら蟹やら具もぎっしりで。ほこほこ、あたたまります。

091229-8
煮物 冬至南瓜饅頭 美味あん 雪恵

091229-9
中皿 黒毛和牛肉 和風ロースト
    ポン酢ジュレ ナントカ南蛮からし
    チコリー 人参グラッセ 椎茸 占地 平茸 芽葱

写真ではよくわからないけど、とっても霜降りなお肉。
ワタシ、霜降りフリのお肉はあまり得意ではないのですが^^;
量がそれほど多くない&ポン酢ジュレがさっぱりとしていて、するりといただけました。
でも、献立の中に一品お肉が入っていると、男性には嬉しいですよね。

091229-10
蒸し物 髭鱈蕪蒸し
     海老 百合根 銀杏 菊菜 美味出汁 山葵

留椀 赤出し  豆腐 冬菜

香物 壬生菜漬 胡瓜 赤蕪 黒はり漬 人参

御食事 白洲ごはん

このしらすごはんがあっさりと美味!ごはんそのものも美味!!!
ごはんがあまりに美味しかったので、本当は朝ごはんは洋食でお願いしていたのを、
和食に変更をお願いしてしまいました。
(ぱっくぱくいただいてしまったため、またもや画像取り忘れ…)

091229-11
御水菓子 さっぱりとフルーツ。

このお宿に関して「お料理がイマイチ」という評価をよく見かけていまして。
実は、そこが今まで訪問をためらっていた一番の理由でした^^;
結果としては、「温泉旅館としては十分合格点!」

今回は「引越しで疲れているからごはんより温泉重視」ということで宿を選び、
かつあまり過大な期待をしていなかったのも良かったのかも^^;
旅館やホテルのお料理というのは、不特定多数の口に合わせることを前提に作るので、
どうしても最大公約数的なお味になってしまいがちだと思う。
確かに、お刺身以外はコレ!というインパクトに欠けるといえばそうなんですけど。
(ずばりこのお食事の一番の白眉は「まるごと山葵」だったというのが2人の一致した意見だったりして)
でも、逆に言えばこれはダメダメ~という減点も少ない、安心してのんびり食べられるお料理だと感じました。
量もさほど多くも無く少なすぎもせず、わたしにはちょうど良かったです。
(ただし調子に乗ってお代わりをしなければ^^;)

何より、お給仕をして下さった仲居さんがそれは親切で素敵な方だったのもポイントUP貢献大!
朝食メニュー変更したい、などのお願いに対する適切な対応など、やることをきちっとやってくださるのみならず。
お赤飯を出して下さったときにも「宿からお引越しのお祝いです」と一言添えて下さったり。
お給仕の合間にも掛けて下さる一言が、マニュアルだけじゃない、「その人」を感じられる。

とっても「味わい深い」サービスで、愉しませていただきました♪
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。