アート鑑賞と野菜たっぷりLunch * 真鶴アートミュージアム

ばたばたでした日々もようやくひと段落。
今日は友人と真鶴アートミュージアムへ出かけてきました。

111129-1

岡本太郎作 河童像がお出迎え。
元旅館の建物を活かした風情ある造りです。

111129-2.jpg

玄関を入った左に受付があります。
何気なく正面を見れば…ええ!?平山郁夫の作品?
(こんな無造作に掛けちゃっていいの…!?)

111129-3.jpg

本館を挟んで左右に離れがあり、そのうちのひとつが岡本太郎の間。
あ、右側に太陽の塔がある♪
左奥のガラスケースの中にはピカソの陶芸作品が!
…真鶴でピカソが見られるとは…(驚)

本館の大きな展示室は企画展示室で、この日のテーマは「平山郁夫とペルシャ陶器」
陶器の後ろに飾られた絵は…シャガールとルオー(!!)

手前の小さな展示室は工芸品室で、ガレのランプ(!)などが、
もうひとつの離れは彫刻室で、こちらには北村西望や高村光雲などの作品が展示されていました。

ぐるぐる館内を巡って展示品を訪ねていく感じがとっても楽しい!
ちょっとした宝探し気分が味わえます♪

111129-4.jpg

2階へ上がると休憩室がしつらえられています。
その中にもシャガールや横山大観が(!!)
こちらの休憩室には岡本太郎画伯の関連本も置かれています。

……まさか、こんな片田舎(失礼)の小さなミュージアムに、
斯様な綺羅星の如き名画名作があろうとは。

嬉しい驚きでした♪

しかも、フラッシュを焚かなければ館内撮影もOK、監視員もいない、という大らかさ。
そのせいか、のーんびりとくつろいだ気分で美術と触れ合うことができました。


**********


ぐるりと鑑賞した後は、併設のCafe Madam-keiにてLUNCHを。

111129-5.jpg

お野菜の盛り合わせ。
量もタップリ&お味も様々で嬉しい一皿です。

111129-6.jpg

パスタは2種類から選べました。
じゃことキャベツのパスタをチョイス。

食後にコーヒーか紅茶がついて、ランチsetは1300円。
こちらの自家製ケーキもとても美味なので、食べちゃおっかな~と思ってましたが、
結構おなかいっぱいになってしまったので、今日はガマン(苦笑)

入館料にコーヒーや自家製ケーキがついたオトクなセットもあるので、
絵画鑑賞のあとは、ゆったりとコーヒーを飲みながら、
休憩室の岡本太郎画伯の本なぞ眺めつつ、
ふと目を上げるとそこには輝く海が…

…そんな午後の過ごし方も素敵ですね♪

こちらのミュージアム、年内は12月27日まで開館
その後は冬季休業に入られるようです。
また春になって新しい展示が始まったら訪ねてみたいと思います。


****************************

 真鶴アートミュージアム

 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1200-18
 
 Tel: 0465-43-6783

 Open: 10:00~16:30(入館は16:00まで)

 木曜休館
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。