選べるコース仕立ての朝食 * オーベルジュ漣(箱根仙石原)

昨夜はあまりにお腹がいっぱいで寝てしまい、温泉に入れなかったので、朝一番に入るぞ!と、
入浴可能になる6時に間に合うように早朝起床。

100212-1

外を見たら…あれ?何だか地面がうっすら白い!

100212-2

ぽかぽかにあったまって帰ってきたら、外はふんわり雪化粧。

100212-3

昨夜あんなにいただいたのに、どうして温泉に来ると朝こんなにお腹が空くのでしょうね?
いそいそとダイニングへ♪
朝食は、8~9時の間で好きな時間に入ればOKです。

100212-4

ダイニングから見える風景も、雪模様。

100212-5

オーベルジュ漣では、朝食もコース仕立てでいただけます♪
まずは、スターターの玄米フレークから。

100210-6

飲み物は、オレンジ・トマト・アップル・フレープフルーツ・若葉ジュース(青汁)
静岡県ふるさと牛乳・本日のグラスワインから選択。
2人とも野菜が欲しい!と青汁をチョイス。
ほか、温かい飲み物もコーヒー・紅茶選べます。

100212-7

100212-8

スープ:
季節の野菜スープ 又は 根菜の冷たいポタージュ ~ゴボウ、カブ、レンコン、大根 etc~
どちらも味わってみたかったので両方オーダーしましたが…雪の日に冷たいポタージュはあまりに冷たく…^^;

100212-9

朝食にも豪華な自家製パンの盛り合わせが!焼きたて、ほっかほかです。
自家製スモークハムとソーセージも。
「切れ目の入っているパンにハムを挟んでお召し上がり下さい」と。めちゃんこ美味しい!
パンのお供はカルピスバターと、これまた自家製のコンフィチュール。
この日は完熟バナナとトマトでした。

野菜料理:
☆福井県・契約農家のハーブサラダ
○三島のスティック野菜
 箱根の温野菜盛り合わせ

100212-10

野菜料理まで選べる朝食は初めてです!
お土産にドレッシングを買おうと思っていて、味見できるかな?とサラダにしたら、
違うドレッシングで…意味無いやん。とほほ。

100212-11

彩りがキレイでいいですねー。
一番手前のねぎみたいなの(エシャロット?)が一番美味しかったそう(@オット)

メインディッシュ:
 地卵のオムレツ
  (きのこと赤ワインのソース、函南トマトのソース、プレーン)
○シェフおすすめ鮮魚料理
☆そば粉のパンケーキにのせた目玉焼き、トリュフ風味
 箱根、笹とうふのステーキ 味噌のソース

100212-13

「朝から魚!?」と思ったけれど、そういえばスコットランドでは朝から鯖やニシンの燻製が出たりするものねー。
そう言ってたら「日本人だって朝から魚食べるやん」とオット。そりゃ、そうだ(^^ゞ
この日の魚は鰆。あっさりとしたトマトクリームソース仕立てでとても美味!

100212-12

パンケーキはもちもち&目玉焼きの黄身が濃厚なお味。
この玉子なら、オムレツもさぞや美味しかろう…。

100212-14

デザート:フルーツのスープ仕立てとニンジンのブリュレ
朝食にもちょこっとデザートが出るのって女子にはポイント高いですよ!

朝食も選べるコース仕立てで、美味しい&楽しいお食事で、大満足(^^♪
足取りも軽く自室に帰ろうとすると…

100212-15

100212-16

外は完全に雪景色に。

100212-17

100212-18

オーベルジュ漣にはあちらこちらに鳥の巣箱が備え付けてあります。そこにも雪…。

100212-19

温暖な真鶴では雪を見る機会が無かったので、思いがけず雪景色を見ることが出来て嬉しい♪
長靴持ってたら雪だるま作ったりしたかったな~(幾つだっつーの>自分)
しかし、車でおいでの方は大変そうでした。
(後ほどスゴイ光景見てしまった…それは後ほど)

チェックアウトは11時なので、朝食後も温泉入ったり雪景色を眺めたりと、ゆっくりできました。
アウト時には生キャラメルのサービスが。これもまた自家製。
どこまでも「自分のところで出来るものは自家製で」にこだわっていらっしゃるのだなーと。

オーベルジュ=宿泊できるレストラン、ですので、お料理が一番のポイントなのは勿論です。
ディナーも朝食も、お菓子類まで口に入るものすべてが丁寧に作られていて、どれもこれも美味しゅうございました。
それに加えてこちらのお宿は、居心地のいいお部屋やパブリックスペース、濁り湯の温泉、
スタッフの方の落ち着いたサービスなどなど…
宿泊施設としても、とてもバランスのいいお宿だと感じました。

どれくらい氣にいったかと申しますと…
早くも、次回の予約をいれてしまったくらい、です(^^ゞ
次回は4月末に伺う予定。新緑(にはまだ早いかな?)と春野菜を楽しみに、またお伺いする日が楽しみです。

さて、ココロもカラダも満たされて、足取りも軽やかに、帰途に着いたくまひろ夫婦が見たものは…

< 次回、ここはどこ?雪山編 に続きます >
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。