カントリーサイドで午後のお茶 * British Cake House(湯河原)

湯河原の町を見下ろす高台に、素敵な洋館があります。

100302-1

思わず目を惹かれてしまうこの建物はBritish Cake Houseというティーハウス。

100302-2

実は、こちらのお店を訪ねるために伊豆旅行からの帰り道途中下車したのが、
我々夫婦の湯河原初体験でした。
まさに我々をこの土地に招き寄せてくださった、いわば縁結びのお店ですm(__)m

お引越ししてきて以来、ずーっと伺ってお礼を申し上げたいと思っていたのに、
うまく都合が合わず…。
先日、梅林を訪ねた帰り道に一人で立ち寄ってみました。
(幕山公園から鍛冶屋まで徒歩で…いや、かなり足に来ました^^;)

100302-3

入り口を入ると、暖炉に火が入っていて、ほっと氣持ちが和みます。
この右手に、テイクアウトの商品が並んでいます。
奥に進むと、ティールーム。

100302-4

壁には本日のスイーツメニュー。
わたしは色々食べたい欲張りさんなので、アフタヌーンティープレートにしました。
こちらは、スコーン、ケーキ、ビスケットが盛り合わせになっているセットで、
紅茶も好きなのを選べます。

100302-5

このガラスのお皿が素敵!
今日のケーキは、バタフライケーキ、チョコファッジケーキ、
バナナとドライフルーツのパウンド、オートミールビスケット。

どれも素朴で温かな正統派英国菓子。
特にこちらのスコーンは出色です!外はかりっ、中はしっとり。

店内の雰囲気同様、お菓子の味わいも、ヘンに日本風にアレンジされてません。
イギリスのカントリーサイドにあるティーハウス、そのまま。
日本の繊細なお菓子に慣れている方には、もしかしたら「ぼそぼそしてる」
「甘すぎる」と思われてしまうかもしれません^^;
がっ!!! そこがいいんです、そこが!!!
イギリスのお菓子は「お供に紅茶をがぶがぶ飲む」ことを前提に作られている
味わいなので、結構甘さしっかり、食感も小麦粉感を押し出しているものが多い。
日本で売っている英国菓子は、そこを「改善」されてしまっているものが多く、
そのせいで逆に英国菓子としての個性が薄れてしまっているように感じるのですね、英国マニアとしましては(--;)
こちらのお菓子は、今時ロンドン辺りではお目にかかれないのでは無いかしらん?と思うくらいの超・正統派。
初めて伺った時、留学時代にイギリスで食べた懐かしい味を思い出して、冗談でなく涙が出そうになったものです。

そんな本場の美味しさとホスピタリティーを体験できるイチオシのメニューが
カントリーサイドアフタヌーンティー!!!
(以下の画像は2009年5月の訪問時のもの。内容はその都度変わります。)

100302-6

スコーン、ケーキ、ビスケット。
アフタヌーンティーといえば、この重ねたトレイ!
こういう「特別な食器」でサーヴされるわくわく感がたまりません。

100302-7

サンドイッチ&ミニサイズのコーニッシュ・パスティ。
ちゃーんと、「キューカンバー(きゅうり)」もあるのが、英吉利マニアにはツボ(笑)
オットはここの卵サンドが大のお氣に入りです。サーモンサンドも美味。

100302-8

更に、ショートブレッド&パウンドケーキ。
こちらのショートブレッドは、イギリスで食べたのより美味しい!
いつも必ずお持ち帰りします。(あ、スコーンも)
これを食べてしまったら、もうWA○KERのは食べられない…。

「ティー」と言いつつ、お昼は抜きで来ないと到底食べられないボリュームです。
これだけ大量のお菓子を食べるので、当然大量のお茶も必要ですが、
好きなお茶をお代わりできます。
そして何と、お茶だけでなくサンドイッチも「お代わりはいかがですか?」と!
(男性が一緒だったからでしょうか…オットが嬉々としていただきました。
 女性二人ではとても無理でしょう^^;)
このボリューム&お代わり自由も、英国田舎式だなぁ~と。
以前、ど田舎でアフタヌーンティーセットを食べていたら「スコーンのお代わりは?」と聞かれてのけぞった記憶が蘇る…。

「お茶」と思うと3500円はお高く感じられるかも、ですが…
このクオリティーなら大満足です!
少なくとも、これより高額&サービス料までかかるのに、
紅茶お代わりはお湯を足すだけなのでどんどん薄くなったり
どう考えてもスコーン全部につけるのには不足な量しか出ないクロテッドクリームや
見た目おキレイなだけで全然おなかいっぱいにならない、かぴかぴパンの
サンドイッチ…etc な、東京のホテルのアフタヌーンティに比べたら、
満足感は雲泥の差です(きっぱり)。

お話好きな明るいオーナー、チャーミングなパティシェールの奥様、
エレガントなお母様と、ご家族で切り盛りしていらっしゃる、
おもてなしの温かさも大好きです。
お店を出る時はいつもオーナーが玄関口までお見送りして下さるの。
(一度、東海道線の中から「お店、見えるかなー」って眺めていたら、店先に佇んで
 お見送り中のオーナーを見つけたことも)

いつもにも増して暑苦しく語ってしまって恐縮ですが(^^ゞ
英吉利好き、アフタヌーンティー好きな方は、ぜひ一度お試しいただきたいです♪
ただし、こちらのお店は土日月のみ営業&アフタヌーンティーは2名以上で3日前までの予約が必要ですので、ご注意下さいませ。

そうそう、いずれ軽食を出そうかというプランもあるそうです。
軽いごはんをいただけるようになると、一人で伺いやすくなるわー。
是非やって欲しい!楽しみにしてます。


****************

British Cake House

〒259-0313 神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋513

TEL :0465-63-1424
OPEN :土・日・月 12:00~16:30(L.O)

お店へのアクセス :
おすすめは、駅から徒歩!歩いて15~20分くらいでしょうか?
線路をくぐった辺りからは川が流れ、ミカンの木が茂り、のどかな湯河原の風情を
楽しめます。(この川、夏はホタルも舞うそうです)

歩くのはちょっとな~という方は、湯河原駅から真鶴駅ゆきのコミュニティバスに
乗ると、近くまで行けます。

100302-9

バス停「花水」下車。右側の緑のフェンス前辺りに止まります。
矢印方向、ガードレール沿いに右下の道へ進み、しばらく下るとお店に着きます。
ただし、バスは1時間に1本ですが…^^;

時刻表はコチラ




スポンサーサイト

Comment

BRITISH CAKE HOUSE です
こんばんわ。
先日はどうもありがとうございました。
英国への想いがたくさんある方がお近くに越されて来て、私達もとても嬉しいです。
湯河原周辺はたくさん良い所がありますので、じっくり楽しまれて下さいね。
私達も地元のお客様が少ないので、ぜひ地域の楽しい場所として気軽に沢山の方々にお越し頂きたいと思っております。
おっしゃられた様に、日本で本格的な英国菓子や雰囲気を味わえる場所はほとんど無く、そういった意味でも、英国ティールームと英国菓子教室で豊かな英国文化を広めて行きたいと考えております。
またお近くにいらっしゃいましたらぜひお立ち寄り下さいませ。
  • 2010/03/07 23:28
  • BRITISH CAKE HOUSE です
  • URL
コメントありがとうございます!
ご訪問&コメントありがとうございます m(__)m
先日はご馳走様でした。
無事にコミュニティバスに乗れたので、ブログにも紹介してみました。
BritishCakeHouseさんは、お味はモチロン、英国カントリーサイドのホスピタリティーを感じさせてくださる、わたしにとってとても大切なお店ですので、お近くに住むことになって、わたしもとても嬉しく思っています。
次回はオットとアフタヌーンティをいただきに伺いますね!
お近くに来たからには、お教室にも行ってみたいですし…お菓子教室の題材にあった、「イートンメス」、食べてみたいです!
  • 2010/03/08 17:35
  • ひろひろ@うみやま
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。