摘みたてみかんの花で蒸留実験!

100514-1

乾燥させたネーブルの花に続き、いよいよ今度は生みかんの花を蒸留♪

100514-11

いわゆる「みかん」(温州とか)の花は、まだ咲いていませんで。
この日摘ませていただいたのは「早生みかん」の花。

100514-12

採集の秘密兵器:傘を使って奮闘中のI氏。
前回ネーブルの花採集時に、ぽろぽろ木から落ちてしまうので、
「ビニールシートか傘で受けたらいいんじゃないの!?」ということになったのでしたが。
意外や、みかんの花はわりとしっかりしていて、そんなに落っこちないことが判明。
優雅に花摘みできました(苦笑)
香りが、前回のネーブルとまた違う!
前回のあま~い濃厚な香りより、もっと若々しい、青みのあるフレッシュな香り。
花の香りも、実の味わいに準じているのですね。

100514-13

セッティングも2回目になると慣れたもの(ってホントに簡単なのですが)
今回はIHヒーターを使ってみました。
…が、待てど暮らせど蒸留が始まらない~^^;
熱源としては弱いのかしら?>電気
待ちあぐねて、途中からガスコンロへ移動してしまいました。

実は前回ネーブルの花を蒸留後、肝心の蒸留水の香りはというと…
帰宅したオットが一言「何か、漢方薬クサイ」(T_T)
…陰干ししていたら、ほとんど香りがしなくなってしまっていたのですよね。
最初は甘い香りが部屋中に漂っていたのに~。
ここは、やはり「摘みたてほやほや」を蒸留しないと!と思い、今回の実験に臨んだわけです。

さて、今回の結果。
「…何だか、草っぽい匂いがするねぇ」@I氏
うっ…そうなのです。
あの、ネロリ精油の馥郁たるあま~い芳香。あれを期待していた、のですが…
期待が大きすぎました、ハイ ^^;

でもでも、この「青臭さ」は、確かに花摘みの時にも感じられたこと。
蒸留することによって、その特徴が強調されるのかも???
確かに、早生みかんは、普通のみかんに比べたら、甘さは弱いですよね。実の色も薄いし。
ということは、品種によって香りもまちまちで、より甘い味わいの柑橘のほうが
甘い香りの蒸留水が取れるということ?

確かに、それぞれの柑橘類の実から取れる精油はそれぞれ香りも違うもの。
花の場合も、然り。考えてみれば当たり前のことかもしれず。

うーん、奥が深い…。
また今度、別の種類のみかんの花を蒸留して、嗅ぎ比べてみようと思います!
どこかで、すんごく甘いオレンジ(セミノールとか)の花を手に入れることはできないかしらん?

そして、もうひとつ。
この蒸留器の製作者の方がBBSで書いてらしたのですが、
「初めて薔薇を抽出するとがっかりされる方が多く、捨ててしまったりする」そう。
つまり、薔薇の場合も、思ったより香りが薄かったり、青臭かったりするということでしょうか。

しかーし!薔薇の蒸留水は時間の経過とともに香りが強くなるそうなのです♪
(「エイジング」と呼んでいらっしゃいます)
もしかしたら、みかんの花もそうかも???

期待をこめて、只今熟成中です。
蒸留水が育って、芳き香りが醸されてくれるといいなぁ(^^♪
スムーズに蒸留を続けるためには、蒸留器上部の雫塔を満たしている水が
冷えていることが肝要です。
「水道からホース注水で流しっぱなし」にするのが一番いい方法でしょう。

だがしかし。
ワタクシの住まい、真鶴町は神奈川県で一番水道料金が高い町です。
そんなことをしたら、来月の水道料金の請求が…あな、おそろし。
それに、そのまま飲める水をただ流しちゃうのは勿体無いし…。

そこで、当面の解決策が、コチラ。

100514-14

薔薇用の如雨露で、お風呂の残り湯をせっせと運搬してます(苦笑)
さらに、雫塔の水の中には保冷剤をがんがん入れてます。
…今まで取っておいても冷凍庫の中で邪魔だから、全部捨てていた保冷剤。
これからはせっせと冷凍貯蔵しておくことに致します(^^;ゞ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。