まるごと自家製♪薔薇の蒸留水を作りました

今年は開花が遅れていたコンテ・ド・シャンポールがようやく咲きそろってきたので、
いよいよ我が家の薔薇でも蒸留水を作ってみることにしました!

100602-1

手前が今回蒸留する薔薇。
香水を作る原料になっていると聞いて、香り重視で選んでお迎えした品種です。
ちょっと軽めのダマスクローズ香です。

100602-2

お名残惜しいけれど…開き始めの花まで全部、ちょん切らせていただきました ^^;

それでも、全部で60グラム。
鉢植えですから、花数が限られてしまうので…単独品種での蒸留は難しいです。
ああ、地植えにしてもっと山盛り採集したいっ。

100602-3

薔薇を蒸留するときは、すのこは使わずに、蒸気が満遍なく良く当たるように…と、
製作者さまのアドバイスに従ってセッティング。

4倍液240ccを目途に抽出することにしました。
蒸留していると…部屋中が薔薇の香りに満たされてきました。
みかんの花の時ほど「青臭いような香り」は強くない感じ?

出来上がってみると…あ、あれ???あんまり、香りがしない???
…欲張って4倍液にしたのがマチガイだったかしら。
2倍液くらいにしておけばよかったかな~?

氣を取り直して。
お次は色んな薔薇ミックスバージョン。ただし、散り掛けのばかり(^^ゞ
中でも一番香りが強いジェントル・ハーマイオニーを中心にしてみました。

100602-4

出来上がりの香りは、コチラの方が濃く出来ました。
ハーマイオニーは、「ミルラ香」と称されるちょっと粘着系の甘い香りがあるので、
それがうまく抽出されたのかもしれないですね。

そうそう、こちらの蒸留水は、瓶のふちにうすーく油膜が見えました。
これは、今までのみかん花では見られなかったもの。
薔薇の方が油分が強いようです。
(とはいえ、とても精油を採集できるほどではないのですけれど)

抽出3日を過ぎた現在、香りが強くなってきて、明らかに違いが感じられます。
品種改良が進んだ今、薔薇の香りは品種によってそれぞれ個性的。
毎回作るたびに違う香りの蒸留水が楽しめそうです。
次回は、濃い目に2倍液で作ってみようかな?

****************************************************************

追記:散った花びらが溜まってきたので、そろそろ散りそうな花もCUTして、またまた蒸留。

今度は花びら100g×2倍液。
香りは前回よりもやや強めになったかな?
成分分析しているわけではないので、根拠は自分の鼻だけですが (^^ゞ

鑑賞時期が過ぎた花でも、香りが抽出できて嬉しいー。
香りが弱めでもいいんです、自分で使うだけですんで。

薔薇は開花時期が限られるので、シーズン終わりの時期は花がらを摘むのも寂しいのですが。
蒸留という楽しみを知った今、花がら摘みも楽しくなりました(苦笑)
お花が終わっても、まだまだ薔薇ちゃんたちと一緒にいられるなんて、しあわせです。

スポンサーサイト

Comment

まあ~~我家では考えられない
豪華な薔薇~~ 羨ましい~
オリジナル薔薇水ですね
ひろひろさんのネロリのハイドロ蒸溜参考にして、先加熱を試してみました
http://www2.rocketbbs.com/11/bbs.cgi?id=hedawhig&mode=res&resto=714

確かに、花びら抽出、ミドルノート類は加熱時間が長い方がよいように感じました

薔薇油が出たのですね
薔薇水をたっぷり首~胸につけると不意に香りが登って来てホッとしています
  • 2010/06/09 00:12
  • nognog
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
我が家の薔薇ちゃんたちにお褒めのお言葉をありがとうございます♪
nognogさんのところのコーネリアも可愛いですよ~。
わたしも地植えに出来るのなら欲しい品種です。
実は、家とは別に、ちょっと実験できる土地を仲間と借りることができまして。
そちらに、蒸留用にハーブや薔薇を植えたいと思っているのです。
そうしたら、コーネリアのような大きく育つ品種も植えられるかな、と
思っております(^^♪

みかんの花、先日花弁「だけ」を蒸留してみました。
蒸留中の香りは、今までよりもフローラルな香りが強く出たような氣がします。
その様子も、UP致しますね~。
  • 2010/06/10 22:42
  • ひろひろ@うみやま
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。