キッチンの外でも蒸留実験@ふきやさんにて

先日湯河原温泉の旅館ふきやさんに伺って、みかんの花の蒸留をさせていただいてきました。

まずは、ふきやの社長さんの叔父様の畑にてみかんの花摘み。
畑に至るまでは、細い林道を進んで行きます。
温泉街からほんの少し入っただけとは信じられない、鬱蒼とした森。
これだけで森林浴氣分です!

100607-1

到着した畑からは遠く真鶴半島を望む絶景が広がっておりました。

果たしてこんな時期まで花は咲いているのかしら!?と、どきどきでしたが ^^;
意外と、まだまだ咲いていてくれてほっとしました。
「今年は天候不順のせいで、だらだら咲いている」そうです。
通常はもっとぱっと咲いて、ぱっと散るそう。
うーん、来年花摘みをするときは、タイミングが大事だってことね。

1時間ほど?かけて、たっぷりお花を集めて、ふきやさんへ戻りました。
今回の蒸留は、旅館の作業所をお借りしました。
広々としたスペースにびっくり!
客室で使用するすのこや椅子、お料理に使う竹などを作るための場所だそうです。
そんなの、ご自分のところで作っちゃうんだ!?すんばらしいー。

100607-2

こちらが「キッチンじゃなくてもできる蒸留実験の図」
熱源はガスコンロ、排水先はバケツ。
冷却水はホースでじゃばじゃば。
今回は手元で水量を調節できるホースで、らくちんでした。

1回目は普通に蒸留しましたが、2回目はどうしようかな…と考えて、
フト思いついた!
みかんの花の中心には、将来みかんの「実」になる部分があります。
みかんの花が持つちょっと青臭い、草っぽい匂い、
これは、ここの実の基になる部分の匂いなのではないかしら?
だとしたら、花弁「だけ」を使って蒸留してみたらどうだろう???

100607-3

で、みんなでせっせと分別作業。
幸い、たっぷり花摘みしてましたので、量は十分。

結果。
蒸留中に漂っていた香りは、その前の回よりも芬々たるフローラル香を感じることが出来ました♪
さてさて、これをしばらく寝かせたら、どんな香りが現れるのか。
たーのーしーみー(#^.^#)

シーズン最後(多分)に、また新しい試みができて、とても有意義な実験となりました!
ふきやの皆様&花摘みをさせて下さったおじさまに感謝、感謝です m(__)m

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。