天照山へハイキング * 天照山(奥湯河原)

土用の丑の日も過ぎ、一年で一番暑い時期ですね。
書中お見舞い、申し上げます。

暑さを一時忘れて深山の世界に遊んだ日の様子をご紹介します(^^)/

前回の池峰に続き、西湘まるごと研究会主催の自然探訪ツアーに再び参加してきました。
今回のコースは天照山

100726-2


スタート地点は、湯河原駅から元箱根ゆきバスに乗り、天照山停留所で下車すぐ。

100726-1

鳥居をくぐって、いざ、スタート!

階段状に整備されてはいますが結構急な下り坂が続きます。
何しろ山歩き初心者ですので、周りを眺める余裕はあまりナシ(;^^)

100726-3

歩いていると、何だか前方から涼やかな気配が漂ってくるような…?

100726-4

白雲の滝に到着しました!
「絹糸を垂らしたような」と詠われる繊細な美しさ。

100726-5

落下点のすぐそばまで歩いて行けます。
マイナスイオン、浴びまくりです!
天然の癒しのシャワー、本当に気持ちがよくって。
この心地よさは、夏ならではの有難さかも(^・^)

更に山を下り、天照山神社の裏手に出ます。
ここがちょうど中間点くらいでしょうか?

100726-6

こちらの神社は昭和6年の建立。
祭神は天照大神・猿田彦大神・大成大神。
毎年5月22日には例祭が行われ、参詣者でにぎわうそうです。

境内に備えられているベンチでしばし休憩。
ここでも、境内をわたる風がそれはそれは涼しく、心地よく…。

100726-8

神社を出発すると、こんな表示が。

100726-7

二つ目の滝、去来の滝に到着。
こちらの滝は、覗き見るだけで、近くには行けません…残念(^^;)

100726-9

渓流に沿って山を歩くこちらのコースでは、ところどころにこんな丸太橋がかかっています。
ちょっとしたアドベンチャー気分♪

辺りは鬱蒼とした林に囲まれ、ところどころまだ紫陽花が咲いているのが見られました。

100726-10

こちらは在来品種のコアジサイ。

100726-11

こちらはクサアジサイ。とても珍しい品種だそうです。
ご同行した野草の先生、Kさんが感激されていました。
それだけ湯河原の自然は豊かなのですね。

100726-12

ハイキングコースの終点にも鳥居がありました。
一礼して、無事完歩(?)の御礼。

100726-13

舗装道路を更に下ると、バス通りに出ます。
パークウェイのすぐ手前でした。
もちろん、ここからも歩けますが、ずーっと上り坂ですので、体力のある方向けですね(^^;)
あ、上から下ってくるコースも、逆にずっと下り&足元が悪い(かなり道が狭いところもあります)
ので、山歩き用の靴で行かれることをおすすめします。

しかし、下界に下りて舗装道路に至った途端、あまりの暑さにびっくり!
それまでのコース内では、暑さはほとんど気にならないくらいだったのですよ。
土の上と舗装の上では、こんなに違うものなんですね。

途中カエデの木をたくさん見かけました。
秋はさぞかし、紅葉が美しいでしょうねぇ…

この辺りの山は、かの源頼朝公が平家に追われて逃げ回っていたところなんだそうで、
鎌倉幕府開運街道という名前でハイキングコースが設定されています。
この天照山コースも、秋のコースとして紹介されています。

みなさま、ぜひ、秋の行楽計画に奥湯河原散策もご検討下さいませ(^^♪
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。