生粋の源泉に浸かる愉楽 * 大観荘(湯河原)

日本全国、夏休みですね。
みなさま、如何お楽しみでしょうか?

我が家では真鶴に引っ越してきて以来、お休みは「地元で楽しむ」方針です。
この夏休みは「長距離通勤でお疲れのオットに温泉でゆっくりしていただく」べく、
お隣町の湯河原温泉に一泊湯治に行って参りました。

お世話になったのは生粋の源泉宿 大観荘 さん。
いつも話を聞いてるだけ~だったオットに、こちらの温泉を体験してもらいたくって(^^ゞ
その名の通り、自分の宿で源泉をくみ出す櫓を抱え、豊富な源泉を
加温無し・加水なし・消毒ナシ!でかけ流している、とにかく「温泉」に拘っているお宿なのです。

100811-1

入り口で館主さまのお出迎えを受けて中へ。
ゆるーくジャズが流れるレトロなロビーは、ゆったり和める雰囲気。
手作りの和小物や、昔旅館で使われていたお道具などが飾られています。

100811-2

今回のお部屋は3階の萩の間。
フロントが2階、お風呂は1階にあります。
素泊まりなので、すぐお布団を引いてもらえました。
ぐうたらなので、お風呂から出たらすぐ「ごろごろ」できると嬉しい♪
バストイレはユニットタイプでした。
(アメニティは歯ブラシ、かみそり、くし、シャワーキャップ)

荷物ほどくのもそこそこに、お風呂へGO!

100811-8

館内には所々に生花が生けられていて、素敵です。
額には『親の小言と大観荘の湯はあとからじわっと効いてくる』
うーん、含蓄のあるお言葉。

100811-3

こちらのお風呂は男女別の大浴場のみです(これには訳アリ。次の記事を参照下さいませ)
女性用大浴場は、こんな感じ。
湯船にかけ流されているのみならず、蛇口から出るお湯も温泉!嗚呼、ゼイタク。
お風呂場にはシャンプー、リンス、ボディソープ。
宿の源泉から作った石鹸も置いてあります。
(この石鹸、お肌つるつるになります♪我が家でも愛用)

100811-4

他の宿のお風呂場ではあまり見かけないもの…砂時計が置いてあります。
大観荘さんオススメの入浴方法に使用するものです。
その方法とは…

100811-5

効果的な入浴には「半身浴」で「出たり入ったり」することが重要なんですね!

では、砂時計を持って、いざ、湯船へ♪
湯河原温泉のお湯は無色透明、さらっとしたお湯なのですが、
大観荘さんのお湯は、何となく「とろーん」とした感じがするのです。
カラダに優しく寄り添ってくるといいますか。
「まったり」しているお湯なんですねー(^^♪

100811-6

脱衣所はこんな感じ。
右手に「湯河原の冷たい水」がありますので、水分補給も忘れずに。
このお水、お部屋にも備えてありましたが、「ホントに美味しい!!!」@オット
伺ったところ、水道のお水なんだそうで、驚き!
そうは言っても、単なる水道水じゃありません。
旅館のそばを流れる藤木川の源泉近くで汲み上げられている水なんだそうです。
そうか~、この辺に住めば、毎日湯河原の名水をがぶ飲みできるってことなのね、と
うらやましーく感じたことでした。

100811-7

コットン、麺棒、化粧水、乳液もあります。
コットンや麺棒ってお部屋にあるところが多いけど、お風呂にあると便利と思う。

100811-9

お風呂上りのお楽しみは、ロビーでいただく生ビール&ソフトクリーム(^^♪
このソフトクリーム、濃厚で大層美味です!
(上にかかってるのはお茶の葉)
キンキンに冷やされた陶器のマグでいただく生ビールもまた、格別。
「ビールは温泉の後が最高やんな~」@オット

この後、毎日16時から開催されている『源泉井戸端快議』を聞きました。

…長くなってきたので、次に続きます。


****************************

生粋の源泉宿 大観荘

神奈川県足柄下郡湯河原町宮上 542

℡:0465-62-3785

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。